早期解消の為に!耳鳴、目まい、動悸、不眠…自律神経の乱れかな?の症状でお困りの方へ

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

耳鳴

当治療院では、耳鳴、目まい、動悸、不眠などといった自律神経の乱れからくる疾患(確定診断後)でご来院される方も少なくありません。

当治療院では、出来るだけ早く改善出来ているというのもあり、何故かしら「自律神経失調症改善のプロフェッショナ…」みたいなことも言う人もチラホラ。。

自律神経の乱れからくる疾患は諸症状を調べてもなかなか原因というものが見つかりません。

ですので、ストレス過多という感じで捉えられていて、症状を治めるというと睡眠薬や動悸を抑える薬、仕事量を減らすなど…どうしても対症療法になりがちです。

そうなってくると、なかなか自分の思い通りの行動が出来なくてツラいですよね。

今回は当治療院での自律神経の乱れからくる症状の施術方法について書いていこうと思います。

◎自律神経の乱れって

自律神経は主に活動する神経である交感神経、主に休息する神経である副交感神経に分かれていて、カラダの全身の器官をコントロールしています。

交感神経は主に緊張・興奮時に働き、副交感神経は平常時、心身ともにリラックスしているときに働く神経です。

自律神経失調症症状

この交感神経、副交感神経のバランスがとれている時は、免疫力も高く病気にかかりにくい状態なのですが、逆にバランスが崩れてしまうと、カラダの各器官の機能調節に支障をきたして、免疫力が低下して心身の状態に悪影響を及ぼします。

カラダに起こる症状として…
慢性的な疲労、肩コリ、腰痛、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、冷え、ほてり、不眠、胃もたれ、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感などがあります。

精神的な症状として…
イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、集中力低下、憂鬱になる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる、記憶力低下などがあります。

心当たりのある方は、当治療院の自律神経失調症の自己チェックテストで確認してみてはいかがでしょうか?

自律神経ドットコム
自律神経失調症自己チェックテスト

◎当院の自律神経失調症状施術の考え方

自律神経の乱れからくる疑いのある症状は、先述した通り、カラダ全体の各器官の機能調節に支障をきたして、免疫力が低下して心身の状態に悪影響を与えることからどこが原因となっているのか?見分けることは難しいです。

ですので、当治療院の自律神経の乱れの施術方針はカラダの大枠から絞り込んでいくことを手段として行っています。

大枠から絞り込んでいく作業に東洋医学でなければいけない、西洋医学でなければいけない、…と限定的に行うことはしません。

ある程度絞り込んで施術を的確に行えれば早期の症状改善が見込めます。

◎先ずは問診、脈診、腹診、舌診、顔診

脈診 腹診

先ずは問診をしてその人にどういったストレスが掛かっているのか?を聞いていきます。

そして、脈診、腹診、顔診、舌診を使ってカラダの全身状態を診ます。

脈診は六部定位脈診法を、腹診は積聚治療法、舌診、顔診である程度の病証を出します。

そして、経別、経脈、経筋の流注と合わせてある程度の原因となっている部分のラインを導き出します。

◎NKTを使って

NKT鍼

問診、脈診、腹診、舌診、顔診と経脈、経別、経筋とを組み合わせてある程度辺りをつけてから、NKTを用いてその辺りの部分の筋の抑制、促通しているものを振り分けていきます。

そうすることで、さらに施術をする際に外せないものを更に絞り込んでいきます。

このように絞り込んでいくと大体筋の抑制、促通のバランスが悪く、カラダのバランスの偏りのある場所が絞れてきます。

NKTは脳を含むCNS(中枢神経系)からくる代償パターンを見極めるものですので、こういった自律神経系だったり脳神経系からくる疾患には相性が良いですね。

◎MtrPsを見つける

こり図

ある程度、不調がどこから来るのか?という目星をつけた辺りの部位にMTrPs(活性and潜在的:トリガーポイント)が出現しているのですが、そのMTrPsを色んな施術手段を使って解消していきます。

MTrPsは一つとは限りません。複数の筋肉に複数の数があったりもします。

このMTrPsのサインを見逃さずに
1)MTrPs自体の治療アプローチ(施術)
2)MTrPsが出来る原因となったものに対しての(施術)
3)できてしまった負のループを解消する為の治療(施術)

を適切に行っていくことで、自然治癒力向上のための副交感神経の機能を高め耳鳴、目まい、不眠、動悸などの自律神経系の乱れの疾患に対して高い効果が望めます。

◎局所管理と全身管理

Survey. 3D little human character X2 during Survey. Green.

ある程度、症状の元となってきているラインを絞って施術を行っていくと、身体が軽くなり、気分も落ち着いて楽になります。

心身ともに楽になってくると身体の免疫力も高まり、症状の治癒を促進します。

上記の流れで施術していきますが、断定的に施術してしまうと他の部位に対して目がいかなくなりますので、リスクがあります。

ですので、施術の過程で何回も脈診、腹診、顔診、舌診、経別、経脈、経筋、NKTなどで確認していきます。

私の場合、一回の施術で3~5回は平均的に確認しています。

そうすることで、施術に漏れがないか?を確認してより確実に施術の効果へと繋げていきます。

自律神経の乱れ(失調症)の症状改善期間は症状により様々です。 1回の治療で効果が現れることも珍しくありませんが、週一回の治療で1~2ヶ月を過ぎてから効果が現れる場合もあります。

こういった耳鳴、目まい、吐き気、動悸、不眠などの自律神経系の乱れからくる疾患はどちらかというと、突発性から慢性期に診る機会が多いですが、あまり放置しておくと段々と酷くなってしまいますので、早め早めの対処が必要です。

気になるようでしたら、一度専門家に診て頂くことをお勧めします。

当治療院でも承っております。もしお悩みでしたらお気軽に是非とも。

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!! その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中