【報告】ジュニアのカラダの基本運動能力をUPするセミナーを行いました!

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

CIMG3170

今週の月曜日に白山市教育委員会鶴来地区 様から依頼を受けてセミナーを致しました。

このセミナーは「ジュニアのカラダ作り・使い方」ということで、カラダを動かしながら楽しくさせて頂きました。

今回は、セミナーの内容をご紹介させて頂きます。

◎参加者は?

今回のセミナーでは、小学生4~6年生を中心としたジュニアが対象で、スポーツもサッカー、野球、空手、柔道、ラグビー、バスケットボールなど多種目に及びました。

総勢100人以上の方にご参加頂きました!ありがとうございます!

更に、ご家族の皆さんや、それぞれのスポーツの指導者の皆さんにも実際に参加して頂きました。もちろん希望者にですが。

このセミナーの一回きりでは効果も一過性のものとなりますので、指導者、ご家族の方にデジメを配布致しました。

やはり、どんなものでも継続が第一に来るものだと考えております!

セミナーデジメ

◎今回のセミナーの考え方

ジュニア期が対象となってきますので、「ケガを防いで将来のハイパフォーマンスへ!成長過程にあったカラダ作りで可能性を引き出そう!」の記事にも書きましたが、成長曲線を加味しながらトレーニングやエクササイズを取り入れていくことは当然です。

今回は、小学高学年が中心となりますので、神経系の成熟は8-9割達成されている、ホルモン系の成熟はまだ先という世代が中心となります。
ということで、メンタルトレーニングも出来る治療院ですのでw、メンタルトレーニングの要素も盛り込みました。

また、ゴールデンエイジの概念では、ゴールデンエイジの時期になります。更に、この時期は無酸素系の能力の発達がまだ乏しい時期ですので、考慮しなければなりません。

スキャモン ゴールデンエイジ

加えて、「余計なケガは何で起きる?ケガをしないさせないために必要な考え。」の記事にも書きましたが、この時期の世代限らず、試合や練習を行っていく上でパフォーマンスピラミッドの考え方の一番土台となる部分が抜けやすいという現実があります。

パフォーマンスピラミッド

このパフォーマンスピラミッドがちゃんと成り立っていなければ、その時はグッと伸びても将来の伸び代の可能性を奪ってしまうことになります。そして何よりケガが起こりやすい!

この時期って、神経系の発達が成熟したばかりなので、何を行っても出来てしまう傾向がありますので勘違いしやすいのですが、しっかりと成長曲線を理解して加味しつつ、土台となるカラダが正常に動けるような可動性や安定性が築けているか?どうか?ということが非常に重要視されるのではないでしょうか。

◎セミナーではどんなこと行ったの?

先ずはウォーミングUPを行った後、自分で限界を決めずに伸び伸びとエクササイズやトレーニングを実施して頂く為、今回のメンタルトレーニングを取り入れて行っていくエクササイズやトレーニングの方法をイメージを作りながら簡単に説明していきました。

CIMG3155 CIMG3154

その後に、先ず最初にBareFoot Trainingの要素を取り入れた足回りの機能の活性化をしました。

これは、パフォーマンスピラミッドの土台を意識したものになります。

CIMG3157 CIMG3158

これは意外と軽視しがちなのです。特別なことしなくても人間は歩いたり走ったり出来ちゃうものですよね。
だから、足下が不安定な状態のままプレーしちゃってパフォーマンスが思うように伸びなかったりして、いつの間にか練習量過多に陥りやすいということが現状にあります。

今回は最初、見た目簡単に思ってた足の使いこなし方が意外と出来ないという感じでしたが、リズム良く行っていくと自然に良い状態になっていきました!

それに伴い、歩いたり走ったり、ステップきったりする動作に対するカラダの姿勢、ポジショニングが見る見るうちにドンドン良くなっていきました!

次に大きな筋群を優先的に使いこなして頂けるように股関節周りや肩甲骨周りの動かし方を楽しく行いました。

CIMG3162 CIMG3167

大きな筋群を使いこなせないと、小さな筋群ばかりつかってしまって練習がパフォーマンスに繋がりにくかったり、ケガのもとになってしまいます。

しっかりとエクササイズ、トレーニングのポイントを端的に伝えながらメンタルトレーニング的に自分の限界突破に挑戦しながら楽しく行いました。

そして、上半身と下半身を繋げるべく体幹部のカラダの使い方、いわゆる全方向に力を発揮するパワーポジションの自然な作り方を行いました。

CIMG3169

エクササイズやトレーニングを行っていくうちに、カラダの動かし方が安定してドンドンとダイナミックになっていくのが見て取れました。最初は思うようにカラダが動いてくれなかったのが、徐々に動かせるようになっていく過程で皆さん笑顔になっていくのがこの上なく嬉しい気持ちです。

最後に、これまでのエクササイズやトレーニングを複合的にあわせたゲーム感覚で行うチーム対抗を行いました。

CIMG3172 CIMG3176 CIMG3180

一生懸命に行っていく上で、皆さんいつの間にか素晴らしい動作が出来てました。

色んなスポーツの色んな場面をイメージしながら色んな動きが混ざっていましたのですが、このセミナーの最初よりは明らかに動きが良いものに変わっていました!

指導者の方や、ご家族の方からは「えっ、こんな動きできるようになったの?」などビックリされた声も聞かれました。

ほんのちょっとのことなのかもしれませんが、こういったエクササイズやトレーニングを普段から取り入れて行うことは、子供の可能性を拡げることになるのかなぁ~と思いました。

◎伸び代を大切に

今回のセミナーを通じて、ジュニアの子供たちのカラダの持つ可能性は大きいなぁ~ということを再認識しました。

それと同時に、成長曲線の持つ意味、パフォーマンスピラミッドなどといった知識をしっかりと持てないといけない!ということも思いました。それだけデリケートにカラダに反応が表れるからです。

カラダがしっかりと機能してあげなければしていない程、知らず知らずに練習やトレーニング、エクササイズ量が無理無駄に増えていき、オーバーワーク、オーバーユーズの原因となってパフォーマンスもなかなか上がらず、ケガ起こりやすくなってしまいます。

これはカラダが完全に出来上がっていないジュニア期になればなるほど顕著なのかなぁ~とも思えます。

ただ、ジュニア期は何かしら行うとカラダに反応があるものです。

もちろん、無理してしっかりと機能させないまま、大きな動かし方を行えばケガに繋がるリスクは大きくなります。

このことを踏まえて、後はしっかりと継続して自分のモノにしていって頂きたいものですね!

今回はジュニアのスポーツに関係なくカラダ作りのケースでしたが、様々な競技特性を活かしたトレーニング&エクササイズを提供することも可能です。

しっかりと着実に実感できる結果を求めてセミナー、セッションさせて頂きます。

ご興味のある個人チーム部活動の方々は是非お気軽に

自己流ではなく、しっかりとした根拠のある正しい筋肉の動かし方やバランスを整えて、しっかりと効果を求めている方は是非どうぞ♪

セミナーを終えた後、参加の皆さん、スポーツクラブの監督、コーチ、ご家族の皆さんから、色々とカラダに良い変化が出てた、可能性を実感できたなどの感想を頂けたので嬉しい限りです。

今回このような依頼をして下さった、白山市教育委員会鶴来地区の皆さんには大変感謝致します。貴重な経験が出来ました!ありがとうございました!

CIMG3154

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中