「なぜ?」「どうして?」を大切に!ケガしない!パフォーマンスに繋げる!陸上競技の「使えるカラダ」セミナー!

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

天気予報通り、朝目覚めると積雪してました。幸いにも雪掻きする程ではありませんでしたが、3月のこれくらいの時期に雪が積もるのっていつ頃ぶりだったでしょうか?記憶を辿りつつ…お、覚えてない…(汗)

金大トレーニング8

さてさて、3月5日(木)の午前中に金沢大学陸上競技部の皆さんに、陸上競技の競技特性の「走る」「跳ぶ」「投げる」について特化した「ケガせず使えるカラダ作り」セミナーを行いました。

多くの学生さん、トレーナーの皆さんにお集まり頂きました!感謝です!

今回は陸上競技の動作におけるなぜ?」「どうして?」「何で?」などに対してよりクリアにして、ケガを極力減らし練習効果に繋げていこうという問題解決型トレーニングとエクササイズを用意しました。

国内外での最新知見を織り交ぜながら、陸上競技ならではのバイオメカニクスの特性と運動生理、機能解剖、運動学などの医科学のしっかりとしたエビデンス(科学的根拠)に基づくものをふんだんに取り入れて行いましたよ。

◎どういう様に行ったのか?

今回のセミナーでは、足脚部、体幹部、上肢帯、最後にカラダ全体の機能を組み合わせる複合という形で分けて、「なぜ?」「どうして?」ということ座学と実技を交えて行いました。

エクササイズやトレーニングを行う前に各パートで「今は自分がどんな状態なのか?」というカラダの状態の把握を簡単に行って、問題点を認識した状態からエクササイズやトレーニングに移行しました。

意外と自分の事でも知っていそうで、なかなか違っているものなのです。2人一組でカラダの特性・状態をチェックしてから行うことで、チーム一丸となっての理解に拍車をかけます!

金大トレーニング7
結構チェックできることは沢山!

◎陸上競技の重要なポイントとなる足脚

足は陸上競技において唯一他と接触する部分です。

先日の日本陸連トレーナー部の研修会でも補強トレーニングのトピックスでこのことを軽く触れられていました。(ここでは足の機能については言及されていませんが…)

足は、「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Training Specialist セミナー!」「ただただ感動!足に秘めたるポテンシャル!足のセミナーで気付かされたこと!」「損してませんか?走る人もそうでない人も足をしっかり使えるとこんなに得することあるよ!」などでも書いてきましたが、非常に細かく沢山の関節があって複雑な構造をしております。

また、ヒトのカラダの中でも小さい部位ではありますが、盛り沢山な機能がある部分でもあります。(詳細は全てではないですが先のブログを参照して下さい)

足部は陸上競技で唯一地面とコンタクトしますので、その状態の善し悪しに関わらず、走・跳・投の全てのパフォーマンスに影響を及ぼします。

足下悪い足下悪い…

足部次第で、良いパフォーマンスにだってそこそこのパフォーマンスにだって悪いパフォーマンスにだって…影響しちゃいます。

ですから、地面から多くの情報を受け取って足を介してカラダの中枢部分へ、カラダから足を介して地面へ…と足は重要な部分なのです。

よく足の状態がイマイチな感じでラダーなどのSAQトレーニング、ミニハードルやジャンプ系のドリル等を行っているのを見ますが、ケガに繋がる動きを助長してしまったり、パフォーマンスを阻害してしまう動きを助長してしまったりします。

その場合、カラダの他の部位で代償しようとしますので、変な力みやケガに繋がってしまう率が高くなります。

特に、小、中、高(前半)では、筋力をつけたり、とりあえず早く行ったり、身につかないからと量を増やしてみたり、…すれば、その時は意外とそのマイナスをカバー出来るのですが、よくよくの伸び悩みに繋がります。いわゆる早熟系の出来上がりですw

金大トレーニング5
Foot Function を良好にすることは重要!

足脚のパートでは、
・足部(前足部、中足部、後足部、足首、下腿部)の機能の回復・改善の為のエクササイズ
・地面から体幹へ繋げる神経-筋筋膜連鎖を確実に繋げるようにするBarefoot Trainingを活用したもの
・股関節周りの動きを良くするモノ(可動域・敏捷性)
・コアへの反応を良くするモノ(神経-筋反射)
・障害予防も併せたトレーニング&エクササイズ
…等を行いました。

◎体幹、体幹というけれど…

いわゆる体幹は陸上競技に限らず、近年色んなスポーツの分野でその言葉を聞かない時は殆どありません。

ただ、いわゆる“体幹が大事”という言葉が先走ってしまっていて、体幹機能の意味合いが履き違えて分かっていない方が殆どではないでしょうか?

せっかくの体幹部もちゃんと機能させてこそ!

先ずは体幹部の安定機能の3つの特徴を説明しました。
体幹部の3つの特徴あるのって知ってましたか?

そして、その3つがどのようにして働けば良いのか陸上競技にどのように体幹が働いているのか…体幹機能が機能する条件等をしっかりと確認しました。

体幹部やそれに関わる筋群がしっかりと働くことで、どのようなカラダの動きが出るのか意外と知っていそうで知らない事ばかりだったかも知れませんね。

でも、そのような間違った解釈等がパフォーマンスの阻害になってしまったり、ケガの原因となってしまっているのも確かにあります。

ですので、簡単にで良いのでしっかりとした理解は必要ですね。

金大トレーニング14
ちゃんと機能させる!

体幹部のパートでは、
・体幹機能の3つの特徴を使いこなせるようにするエクササイズ&トレーニング
・体幹部の応答を早くするモノ
・神経-筋筋膜連鎖を確実に繋げるようにするモノ
・腰痛や下肢へのケガの予防に繋げる為のモノ
・体幹から上肢、下肢への運動連鎖を円滑にするモノ
…などなど、本来の体幹機能を引き出すことをメインに行いました。

◎上肢帯の重要度は?

陸上競技選手は足脚部や体幹部は重要と分かっていますが、上肢帯(胸郭部を含)には無頓着な選手って多いですよね。トップカテゴリーの選手でも結構います。

実際の所、陸上競技の範疇で上肢帯の使い方の意味合いが分かっていないヒトが多いということですね。

ちょっと勿体ない気もしています。

「大盤振る舞い!ランニングにおける腕振り上達の為に!」「意外と分かってないよね!?勿体ない!走る時の腕振りってどうするの?」では「走る」ことに関しての上肢帯の重要性を書きました。

他に跳躍種目での上肢帯をしっかり使うことでの利点、投擲種目での上肢帯の機能の仕方など陸上競技に特化した上肢帯の活動の仕方を説明させて頂きました。

上肢帯をしっかりと機能させることが出来れば、今までに無駄にパワーロスしていたモノが上手く使えるようになり、走・跳・投での動作がよりダイナミックになりパフォーマンスに貢献しますよ!

金大トレーニング11
終始和やかな雰囲気w

上肢帯のパートでは、
・上肢帯の動きを円滑にするエクササイズ&トレーニング
・上肢帯の筋機能の改善エクササイズ&トレーニング
・胸郭部(肋骨周り)の機能・動作改善エクササイズ&トレーニング
・上肢帯から体幹部への神経・パワーの伝達をスムーズにするエクササイズ&トレーニング
・一歩一歩のパワーにしっかりと変えていくエクササイズ&トレーニング
・力みや腰痛などの痛みに繋がらないようにする上肢帯のエクササイズ&トレーニング
…等を行いました。

◎陸上競技特有の動作に移行していく

最後に、足脚部、体幹部、上肢帯の各パートのトレーニングを陸上競技特有の動作に移行していくエクササイズ&トレーニングを行いました。

金大トレーニング12
知らず知らずの間に動作が大きく安定感ある…

これは、今まで各パーツで行ったエクササイズ& トレーニング効果を競技動作に転化させる(= Transfer of Training & Exercise  Effect)作業です。

要は、そのパーツパーツが均等に機能する為になじませるということですね。

例を挙げるとすれば、車のタイヤ4輪が均等な大きさじゃないと車って走りにくくないですか?車輪のどれかが大きくても小さくても4輪が均等でなければ凸凹してバランスが悪く揺れてしまってちょっと残念ですよね。

車

ですから、その各パーツの機能を均等に押し並べる必要があるわけなのです。

でも、せっかくだから各パーツ(機能)は大きい方が良いのではないでしょうか?人間って動きにおいて安定させる為に機能が大きな方よりも小さい方に合わせたがるんですよね。

だから、しっかりと各機能を引き出した上で、より大きい機能の状態で馴染ませる為に、こうした複合トレーニング&エクササイズを行っていく必要があります。
もちろん、その後にSAQトレーニングだったり技術系トレーニングを入れるのもありだと思いますよ。

◎より適切なポジションで!より大きく!

これらのトレーニング&エクササイズにおいて、陸上競技の特性を加味しながら、解剖学的に、運動学的に、運動生理学的に最大限に機能を発揮させていく肢位で!」「より適切なカラダのポジションで!」「より大きく!」動かしていくことをメインに置いております。

その為には、細かくポイント(掌の向き、肘関節の角度、動かす軌道などなど…)と体性感覚の出方、種類など意識させるポイントもしっかりと押さえます。

それは、やはり各パーツの機能をより大きく発揮したいからという理由と、今までの出来ていなかった神経-筋筋膜の連鎖をよりしっかりしたものに書き換えよう!という理由が主にあります。

よく動きながら意識するといったことが聞かれますが、カラダの神経-筋筋膜系が元々ちゃんと機能していない場合では、どれだけ頑張ったとしても、ちゃんと機能していない範囲内で何とかしようとしてしまいます。

要は、機能と練習、トレーニング、エクササイズは掛け算で表せれると考えられます(厳密には違いますが…)。

機能していなければしていない程、練習やトレーニング、エクササイズ量が無理無駄に増えていき、オーバーワーク、オーバーユーズの原因となってカラダが疲弊しパフォーマンスもなかなか上がらず、ケガ起こりやすくなってしまいます。

もちろん、無理してより大きな動かし方を行えばケガに繋がるリスクは大きくなります。これらのエクササイズ&トレーニングを行う目的を履き違えている訳ですから…。

金大トレーニング6
負けたら罰ゲームw

今回はゲーム感覚なモノも交えて楽しく身につくことを意識して行わせて頂きました。

セミナーを終えた後、参加の皆様からカラダの変化、可能性を実感された感想を頂けたので嬉しい限りです。

意外と自分自身の状態を確認してみると、思っていたよりも違ったという人も少なくありません。

先ずは自分自身の状態を受け入れること、そしてそれを踏まえて足りない部分は正確に強化していく、長所はより伸ばしていくといった作業が大切です!そして競技へ転換させていく!

後は、これをしっかりと継続して自分のモノにしていくことが大事だと思われます!
もちろん、定期的にチェックがすることで大幅な効果が見込めます

今回は陸上競技のケースでしたが、他の競技でも特性を活かしたトレーニング&エクササイズを提供することも可能です。

しっかりと着実に実感できる結果を求めてセミナー、セッションさせて頂きます。

ご興味のある、個人、チーム、部活動の方々は是非お気軽に♪

自己流ではなく、しっかりとした根拠のある正しい筋肉の動かし方やバランスを整えて、しっかりと効果を求めている方は是非どうぞ♪

もちろん、

当治療院でもバリバリ行っております

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中