絶賛募集もしてるよ!競技、ライフスタイルに特化させるケガしないさせない!練習効果を最大限に活かす為のカラダ作り

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

2月も折り返しを過ぎ寒い日が続いております。
朝方、足下が凍っている場合もあるのですが、足部の機能の“順応”がちゃんと機能出来れば意外と大丈夫な感じだと改めて足の機能の大切さを実感しております。

つい先日、治療院に来られた陸上競技をされている学生さんから、

動きが大きくならない
動きが硬い
大事にはなってないけど足を捻りやすい
▲▲な痛みが出やすい

ということでしたので、痛みの施術と併せて陸上競技の〇〇な種目に特化したエクササイズを行わせて頂きました。

足の機能EXE
動画ではないですw

カラダにおける問題点を抽出してエクササイズを行った後は、動きが見違えるほど変わってビックリしていました。写真は足の機能を改善エクササイズをしている所です。これだけでもカラダには結構変化出てました。そんなに驚かんでも…w

「何でこんなに練習頑張っているのに成果が上がらないんだろう?」
「ケア、メンテナンスに気を配っているのにケガしてしまうのだろう?」

ということって、意外とありますよね!?実際に見たり耳にしたりもします。

◎なぜケガが起こるのか?

コンタクト等による突発性のケガは除いて、故障がおこる要因には「環境要因」「個体要因」「トレーニング要因」があります。
それに付随してケア、メンテナンスがあります。

「環境要因」…暑さ、寒さ、路面などの状況
「個体要因」…筋力、柔軟性、(フォーム)など
「トレーニング要因」…練習の負荷、方法や手段など

※社会的要因、精神的要因は割愛致します。

これらの要因が絡み合ってケガを発症します。

最初に記したような状態には、粗方要因があって起こる事です。先天性のモノもありますが、先天性のモノは変えれませんので他の要因を見直す必要性があります。

◎練習効果に繋がらない要因は何?

その競技によってそれぞれの特有の必要な要素があって、その要素一つ一つに対して必要なカラダの状態というモノがあります。

必要な要素はパワーだったり、スピードだったり、カラダを大きく使うことだったり、カラダの動かし方だったり、負荷のかかり方だったり…ということです。

そして、その要素を満たしていく為に、練習やトレーニング等を行って積み上げていくという事です。その人その人が持っている能力も大事ですが、やはり、より確実な練習やトレーニングがしっかり継続出来てこそ!、その能力も活かす事が出来るというものですね。

練習効果がなかなか繋がらないということは、その時その時の目的とするトレーニング要因とそれを受け止める個体要因の受け皿にフィットする量、負荷、動き等のものが少ない若しくはないということがあります。もちろん精神的要因、社会的要因、環境要因、栄養なども考えないといけませんので、これが全てではありません。

モノを運ぶ積み過ぎ!wモノを運ぶ2確実に♪

◎ケガなくより確実に効果を繋げる為に

色んな医科学的な観点から、その競技の特異性を洗って先回りしてケガのリスクを潰していったり、その練習方法に対してカラダがフィットするようにしていかなければなりません。

ウォーミングUPと同様に、練習をしっかりと積めるカラダの容量を拡げる必要性があります。要はその練習に対する受け皿が必要な訳です。

そのスポーツによってそれぞれの特有の必要な要素に対してのカラダの状態を考慮に入れて、カラダを作っていく必要があります。
一つ一つのその競技によって共通するモノもありますが、負荷やカラダの動き、大きさ等違うものもあります。もちろん、ベースとなるものはあって当然なのですけどね。

その為には、練習をカラダに合わせるのも良いと思いますが、より効果を期待するということであれば、カラダをより高い負荷大きな動き速い動き練習にフィット出来るものに持っていった方がより練習効果が期待できます。

◎練習するのだったら効果が出るように

昨今、医科学の発展とともに情報過多ということもあって、色々なトレーニングやエクササイズ、練習方法、施術方法など数多く見受けられます。

ですが、その数多くのモノを全てより正しい方法で試すことが出来れば自分に合ったモノを見つけ出すことが出来るのかもしれないでしょうけど無理な話です。
また、例え良いものだったとしても、それが果たして今行っているスポーツに通じているかどうか…というとどうなんでしょう?

せっかくの良い練習内容も、それを受け入れるカラダが準備できていなければケガが多く、効果も上がらず虚しいものになってしまいます。

しっかりとその競技特性を踏まえて、ケガのリスクが少なく、パフォーマンスに繋がる練習ができるカラダ作りをする方が絶対に得をします!

◎当院でも取り組んでます

当院でも、ケガに対しての機序を踏まえて、競技特性、身体特性、練習をどのようにこなしていくのか?、ストロングポイント、ウィークポイントや今後どういうようになっていきたいか?等のヒアリングをしっかりと行った上で、安全に出来るだけ効果に繋がるようなカラダ作りをさせて頂いております。

当院で取り組んでいるものの主な特徴は以下の通りです。

1、競技特性、バイオメカニクス、ケガの機序を理解していることで、より的確なトレーニング、エクササイズ、ストレッチングなどを提供します

2、決まった型だけを行うのではなく、スポーツの競技者、愛好者の感覚を大切にし、腑に落ちて自分のものにできるようにリアルタイムに変化させていきます

3、機能解剖、運動学、運動生理学といったヒトのカラダのベースとなるものをしっかりと把握したものを、より確実に提供していくことで、安全に行えます

4、場面場面に応じたエクササイズ、トレーニング、ストレッチングなどの使い分けを指導します

5、その人の能力、環境を考慮に入れたエクササイズ、トレーニング、ストレッチングなどを提供します

6、定期的なチェックは入れますが、帰ってから直ぐに実践できるモノを提供します

7、自分の知らない弱み、強みが分かったりします

以上を踏まえることで、よりケガが少なく、練習効果が期待できるカラダを作っていきます。

部活動やチーム単位でのご依頼も頂いております。

ご興味ありましたら、絶賛承っております。是非、今一度自分のカラダ作りを見直してみては如何でしょうか?

より高い位置でスポーツ出来ることは、行う人、観る人、周りの関係者も楽しく有意義なものとなると思います。

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中