慢性化になる前に先手必勝!?頭痛持ちの人も持ってない人も…頭痛を知って退治しよう!


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

石川県金沢市で、ランニングなどスポーツのケガにも強くエクササイズやトレーニングもできる鍼灸マッサージ・美容の治療院のいんちょ~の薮本です。

この季節の変わり目というのは、どうしても体調管理が難しくなりますよね。こういう季節の変わり目では頭痛を訴える方も少なくありません。

頭痛って「どうせ時間経てば治まるし…」「どうせ筋肉が突っ張っちゃってるから…」「とりあえず我慢我慢…」「とりあえず薬飲んで凌ごう…」といって意外と軽くみている方って多くないでしょうか?でも…、

ちょっと待って!!

このご時世、日本人の3~4人に1人は何かしらの頭痛を持っているとされています。統計的に見ても世界的に有数の頭痛大国!?です。

頭痛ってなってしまったらしょうがいない的な感じで痛みに対して受け身になっちゃっている事多くないでしょうか?やはり痛みに対して早めに!事前に!対処出来るにこしたことはないですよね。

頭痛犬
あたまいたいですワン!

先ずは頭痛の中でも一次性頭痛と二次性頭痛に分けられる訳ですが、単純に…

一次性頭痛…頭痛が疾患のメイン(治療対象)のもの
二次性頭痛…他の疾患の症状として頭痛が発生しているもの

というものに分けられます。

二次性頭痛はいわゆる

くも膜下出血(脳とそれを覆っている膜の軟膜とクモ膜との間に起こる出血)
髄膜炎(脳とそれを覆っている膜の軟膜とクモ膜との間にウイルスや細菌ついてしまい炎症が起こる
脳腫瘍(脳自体やその周りに腫瘍という余分なものが出来、脳内圧が上昇して圧迫されたり、腫瘍で脳自体が傷ついたり、腫瘍自体が異常をきたすもの…腫瘍はできる所によって色々です)

…などなど主に脳の疾患となり、一刻を争います。

でも、自分の頭痛が「二次性頭痛かどうか?」なんて分かんないですよねぇ~??

国際頭痛学会の国際頭痛分類においては以下の症状だと要注意となります。、

・突然の頭痛(いきなり痛くなった…)
・今まで経験したことがない頭痛
・いつもと様子の異なる頭痛
・頻度と程度が増していく頭痛(だんだんと痛みが増えていく…)
・今まで頭痛とは皆無だったけど50歳以降で初めて起こる頭痛
・精神症状を有する患者の頭痛

などなどとされています。国際頭痛分類はこちらをcheck!!(クリック!)
二次性頭痛は頭痛の中でも1割未満です。その他にもありますので、心当たりがあったり何かしら変!と感じましたら病院に受診されることをお薦め致します。

もし、分からないようでしたらご相談下さい!

さて、頭痛の殆どが片頭痛や筋緊張性頭痛、群発性頭痛といった一次性頭痛となります。
(日本人は特に多い!!)一次性頭痛の各頭痛の症状は今回は割愛します(他に任せます)

頭痛マップ
左より副鼻腔炎の頭痛、群発頭痛、緊張性頭痛、片頭痛の特徴!

一次性頭痛は二次性頭痛と比べても直ぐには深刻化にはいきませんが、だからといって
二次性頭痛でなければ放っておいても良いのか?」…という訳ではございません!
もちろん!早めに然るべき対処を行いたほうがムムム良いんです(川平 慈英風w)

頭痛猫
あたまいたいっすニャー!

では、一次性頭痛にはどうやって対処していけば良いのでしょうか??

一次性頭痛の中でも特に多いとされているのが「緊張性頭痛」、次に「片頭痛」です。
他にも一次性頭痛とされるのはありますが、それらの殆どがハッキリとしていないのが現状です。
血流説や脳神経説などありますが、イマイチ決め手に欠けるといった感じです。(血管系の症状、神経系の症状は出ますが…)

片頭痛と緊張性頭痛を持っている方々を対象とした幾つかの実験で…、

緊張性頭痛では…、
頭痛になっていく過程で、頭の前(眉間あたり)、横(耳の上あたり)、首の付け根から肩にかけて部分が筋活動が過活性して押すと痛くなっていく(少なくとも一つは筋活動を測定した結果異常値を検出されています)※慢性化すると尚更痛くなります
・頭部の感覚が過敏になっていく(感覚閾値が低くなります)
・何かしらの作業を行っている時に頭の前(眉間あたり)、横(耳の上あたり)が疼痛応答を示しやすくなる⇒歯を食い縛ると横(耳の上あたり)に何かしら違和感が出てたら要注意!

片頭痛では…、
頭痛になっていく過程で、頭の前(眉間あたり)、横(耳の上あたり)の部分が筋活動が過活性して押すと痛くなっていく※緊張性とは区別がつきにくい
・痛みの応答は緊張性頭痛と比較して広範囲である;頭部~頚部~肩甲骨の上辺りまで
・何かしらの作業を行っている時に頭の後~首の後あたり、横(耳の上あたり)が疼痛応答を示しやすくなる⇒頭をシェイクして何かしら違和感が出てたら要注意!

一次性頭痛が慢性化してしまい、脊髄後角や三叉神経レベルでの神経感作、更には脊椎分節レベルでの神経感作からの筋活動の遅延、イレギュラーな状態になってしまうと非常に治りにくい状態になってしまいます。つまり、カラダを動かしていく上で支障をきたしてしまう(無意識で)ということです。結構厄介な問題です。気付いていないだけに…。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)では効果が不十分という一次性頭痛(緊張性頭痛と片頭痛)、特に片頭痛は早期に適切に治療しない、不適切な治療、加齢で進行して約3割が慢性化へ向かうことが明らかになっています⇒この場合は最早慢性化が進んでいるという見方が出来ます
以前書いた優勝者、入賞者が盛りだくさんでビックリ!頭痛は早期に適切な処置が大事です!のブログ記事(詳細はクリックして見て下さいw)にも載せてありますが、しっかりと見極めて改善していきたいものです。

精神的・身体的ストレスを長期間受けると、頭の前(眉間あたり)、横(耳の上あたり)、頭の後~首の後あたり、首の付け根から肩にかけて部分の筋活動が顕著に過活性する

…ということが明らかになっています!

細かくマニアックに紐解いていくと他にもありますが、以上の事を踏まえて、改善していく指針としては…

頭痛3
アタマイタイデス…

やはり、一次性頭痛は慢性化してしまうとかなり長期的なものになってしまいますので、出来る限り慢性化になる前に対処しておくことが必要と考えられます。
その為には、上記のことから一次性頭痛の進行に対していち早く気付くべきです。特に頭の横(耳の上あたり)の部分の反応は一次性頭痛には顕著です痛みが出てきている方は勿論ですが、痛みが未だ出てきてない人も同様に注意深く見極めることをお薦めします。

※片頭痛に関しては、片頭痛という形で発症している時点で頚部への三叉神経感作(中枢⇔末梢)がイレギュラーな状態→中枢神経系がイレギュラーな状態→自律神経系のコントロールがウマく作動していない!?が起きている…ので、どちらかというと慢性化として捉えても…。
片頭痛の更なる進行は二次性への発展もしかねないので注意が必要です!

また、特に一次性頭痛には、物理的および精神的ストレスの影響が少なからず絡んできます。
…ということは、ストレスに過敏に影響してしまう部位を早め早めにフォローしておくことが一次性頭痛を改善していく上で重要となってきます(個人個人よって違います)。

慢性化してしまっている一次性頭痛の場合ですと、筋筋膜を通しての末梢部への伝達で脊椎分節レベルでの神経感作からの筋活動の遅延、イレギュラーな筋活動状態になってしまっていますので、その筋活動の遅延であったり、イレギュラーな筋活動状態を改善することを含め処置していく必要性があります。つまりカラダ全体を通して診ていく必要性があると考えられます。

…という感じで、大体の概要が掴めてくれば、対処・処置の方法は色々とありそうですね。

先手先手で対処して頭痛からスッキリ改善をしましょう!!

当治療院でも絶賛受付中でございます!しっかりと対応させて頂きます!

ちなみに当院でのこのような二次性頭痛の症状に対しての施術は疼痛閾値や神経系や血管系のものを踏まえた上で、経絡的なモノや手技的なモノなどカラダ全体的なモノを考慮しつつ施術を行わせて頂きます。※経絡的な事の側面を考慮に入れると、上記の研究と合わせて考えると意外と頭痛の改善の道がクリアーになります!
また、頭痛症状の場合は「気にしない素振りはイケません!w箱根駅伝からふと想うこと、慢性的な違和感、痛みでお困りの方へ!」でも書きましたがΓ神経が過剰活性されてΓgainの状態を作ってしまっている事が多いです!そのような状態の場合、ただ単にマッサージやストレッチなどはリスクが高いですから注意しましょう!

「でも、気になるほどでもない」「我慢出来るくらいだから…」…と思われるかも知れませんが、気付いた時点で早めに対処しておく事をお薦めします。後になればなるほど改善しにくくなってしまいますから。

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!
人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中