感謝されるって良い事!?めっちゃ充実した!!セミナーのハジゴw報告!


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

石川県金沢市で、ランニングなどスポーツのケガにも強くエクササイズやトレーニングもできる鍼灸マッサージ・美容の治療院のいんちょ~の薮本です。

先月の2月22日、23日(土・日)に東京にて講習会・セミナーを受けて参りました。
毎回思う事ですが、地方(石川県)に住んでいる私にとっては都会に学びに来る時はいつも周りをキョロキョロ見回して田舎もん丸出しですねw
今回は土日の朝から晩までみっちりとスケジュールがかっ詰め状態でしたし平日は治療院でガッツリとお仕事でしたので、当然のごとく移動の手段は高速夜行バスということとなりましたw

先ず土曜日の朝~日曜日の夕方までの講習会はJSTC(Japan Swimming trainer Comittee:日本水泳トレーナー会議)の講習会です。場所は…東京工科大学です!

東京工科大学で、でかっ!

この講習会は水泳競技のトレーナー活動をする際には必須となっております!
また、今後日本選手権やナショナルチームの合宿、試合に就く為にも必須です!
この会の会員自体は選ばれた方々ですが、皆さん意識が素晴らしく高いですね!

日本の水泳は今や世界をリードしていく立場にあります。選手はもとより監督コーチ、トレーナー、ドクター等スタッフを含めていまや質の高いものが要求されていくのは言うまでもありません。
毎年行われているのですが、年々講習会の時間が多くなっていってますそれだけ内容が濃く盛り沢山となってます。一応、水泳に特化した講習会ですが、他のスポーツなどにも応用できるものもめちゃくちゃ沢山ありました!

講習内容としては…

・水泳トレーナー概論  加藤先生
・水泳選手の身体機能特性とその評価(脊柱・体幹) 成田先生
・水泳選手に対するマッサージ(実技) 広橋先生
・水泳の医学的基礎知識 金岡先生
・水泳選手の身体機能特性とその評価  地神先生
・水泳選手に対するドライランドトレーニング  桑井先生
・水泳選手に対するファンクショナルトレーニング 栗木先生
・マスターズ水泳サポート必須講習 地神先生
・質疑応答・総括

講義を担当される先生方は、世界水泳、オリンピック、パンパシフィックなどの選手と一緒に世界で戦う国内外のオフィシャルチームで結果を残されてご活躍されているトレーナー、ドクターの皆さんです!

JSTCセミナー
JSTCのHPより

フィジカルや医学、知識、理論をかっ詰めることもあれば、オフィシャルチームも行ってるトレーニングやエクササイズを実技で行いながら理論と共に学んでいったり、選手の立場とトレーナーの立場にそれぞれなって決められた時間や状況の中で選手にメニューを提供するという内容のグループディスカッションを行ったり、実際に世界の選手が受けているマッサージや手技だったり…2日間でここまでするの!?というくらいかなりのボリュームで、しかもハイレベルな質で各講義が進んで行きましたよw

一つ一つの講義が終っていく度に自分自身のレベルアップ感がありました
それだけかなり中身が濃密だったという事ですねw

自分としては、ロンドンオリンピックで水泳のみならず全ての競技についたドクターの金岡先生から頂いた一言。。

「今まで見てきて医療関係(ドクターも含め鍼灸、マッサージ、接骨院、整体、カイロ、PT、OT、その他)の先生方は治療や施術の結果に関わらずありがとうと言われ馴れている逆に感謝されなければ腹を立てる者もいるくらい殆どの先生方は実際には結果は出せてません!選手や患者さんに“ありがとうと言われるのはちゃんとした結果を出してからだ!」

この言葉が物凄く衝撃でした!実際にそうだと思います。
自分の場合、痛みや不調を訴えて来られる方の施術を行って結果が出なければ終業後には反省会してますし、自分の情けなさに腹が立ったり、悔しくて涙することもしばしば…。

『感謝される前に自分が最大限の成果を上げているか!?、良い意味で結果に繋げているか!?』

ということをしっかりと教訓としてあげつつ、しっかりと研鑽を積んでいきたいですし、施術なども行なっていかないといけないなぁ〜と実感してます。
たとえ勉強会や講習会に行ったとしても『ただこなす』“作業”になってしまっているのではしょうがないですしね(確かに
周りを見ても意外と疎かになってしまっているのが現状にあるのかな!?w実際にそういった先生方を見てガッカリしたことも多いです。)

日々精進していかないといけないなぁ~…と強く実感しました。

…そしてJSTCの講習会を終えて直ぐに場所を移動して、、、

元メジャーリーグトレーナー山口氏セミナー
「野球における肩障害の評価から競技復帰」

を受けて来ました!

山口げんきもうヘロヘロw

夏にもJoint Mobilizationのセミナーを受けました。今回はスケジュールもギリギリですが間に合いそうでしたので参加させて頂きました。今回も最新のリサーチも含めて濃い内容でした。実技もあり非常に有意義なセミナーでした。

特に、ケガを治して競技復帰させていく上で日本と再生工場と呼ばれているメジャーリーグのボストンレッドソックスとの違い…非常に興味深かったです。確かに言われてみればそうなのですけどねw色々と素晴らしい気付きが沢山ありました!
自分も野球選手を診ることはありますが、なかなかどうしてこのセミナーを受けて視点が変わったというか、引き出しが増えたというか、非常に今後の自分にとって大いに発展していくことは間違いないですね。別に今回学んだことは野球に限らず、その他の投動作、更には五十肩や肩頸腕症候群などにも色々と応用できそうです!
ホント素晴らしいセミナーでした!

あと、いつもメールで質問ばっかりしてすんませんw

山口げんき2みんな真剣な眼差しw

今回は2日間中学びに学んできたわけなのですが、非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました!トータル2日間まるまる勉強大変収穫が多かったです!

各セミナーや講習会の合間や終了後にも色んな方々と情報交換ができめっちゃ幸せでした!
こういった高いレベルの熱い人達とお話出来てホントに幸せですね!皆さん行動のスピード感が違う!どうしてもこちらの周り方に合わせるとスピード感が鈍くなってきている感じがしていましたし、曖昧にされている部分が多くて悩む事も多かったかな。それが当たり前と言われればそれまでだけど…。

患者さんの為に!選手の皆さんの為に!クライアントの為に!まだまだやるべき事は沢山あります!今はとにかく上を目指して!我武者羅に!しっかりと結果を求めて!拘って!

今後の治療として!スポーツとして!…にとして、自分の出来る事というか、やっていく事というか、やるべき事、やらなきゃ…な事…はまだまだありますね!盛り沢山w

妥協せずに上を向いて!やるべきことはたくさんありますねー。日々勉強!

今回お世話になった先生方、共に学んだ先生方に感謝!!

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中