みんな侮ってないですか!?気になる関節痛、カラダの痛み…寒くなった時こそカラダをcheckする大チャンスなのですよ!!


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければ一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

石川県金沢市で、ランニングなどスポーツのケガにも強くエクササイズやトレーニングもできる鍼灸マッサージ・美容の治療院のいんちょ~の薮本です。

つい先日まで最高気温が20℃近くあり「11月にしては暖かいなぁ~」と思っていたら今週からはミゾレが降ったりと寒い寒い。。この気温差はカラダに毒ですね。体調管理にはいつも以上に気を使いたいところです。

寒くなるとカラダのあちこちが痛くなる!?

よく寒くなると関節の痛みや腰、肩が痛くなったりすることを聞いたことがあると思います。
よく「カラダが縮こまっちゃうから痛くなるんだよ」っていう声を聞いたりしますが、寒い時に出現する痛みってどうして出ちゃうのでしょうか??

cold weather

先ずは寒い時の痛みって何ぞや??…ということですが、色んなリサーチ結果から“cold allodynia”(寒異疼痛)←日本語合ってる?wと呼ばれています。

まだこれといった限定される痛みの原因は特定されていませんが、ある程度色んなパターンがあります。

①気圧の変化
カラダの至る所には、質感、温度そして圧力を感知する受容体が存在します(特に関節部分)。
要はカラダに対しての変化に対応する為です。
その受容体がある寒い時に刺激のセンサーが働いて、一部の人に痛みとして“応答”してしまうということ。

②内耳の気圧の変化
①とほぼ同様ですが、寒くなった時の気圧の変化を耳(内耳)からの神経伝達の反応で痛みとして“応答”してしまうということ。

③ケガや手術の影響によるtrapped nerves
ケガや手術を受けるとその部分は周りの環境の変化の影響を受けやすくなるという実験結果があります。要は気温の変化、圧力などの変化がケガや手術を受けていない個所よりも敏感に反応してしまうということ。

④寒さによる筋緊張
寒さによってカラダが縮こまる!?ということではなく、寒いと無駄に交感神経のスイッチが入りっ放しで筋肉が常に緊張状態を作り出し、その結果神経を圧迫してしまうということ。また、筋緊張によって血管を圧迫し血液の循環に支障が出るということ。

⑤運動不足
寒さと全然関係ないやん!と思われがちですが、シカゴで行われた身体活動を測定した身体活動で発表された研究では、暖かいもしくは暑い時期と寒い時期とでは日常の生活上で3時間以上も非アクティブな状態の時間が増加したとされています。この差は大きいかもw

⑥ビタミンD不足
何故かしら!?冬場にビタミンDの摂取が少なくなるという事が統計上出ていますw

以上の6つが主な原因として挙げられるでしょう!

これらを纏めると...

寒くなると筋肉が硬直し易く、違和感・痛みが出やすい部位が反応しやすい

という事が言えます!
裏を返せば

寒くなる事で痛みが出る部分は自分のカラダの部位の中で弱い部分(もしくは弱い部分の関連部位)、いち早く気付く為のサインと言える!

のではないでしょうか??もちろん、内科的、外科的関係なく!

※もちろん、コリ、張りなどの小さなものも含まれます!

因みに、暖かさ、暑さは皮膚上の表面温度に影響されやすく、冷たさや寒さは皮下の温度に影響されるという研究結果が出ています。これは寒い時はよりカラダの内部への刺激の反応に影響を及ぼすという事です。つまり内科的にも影響が出やすい!…というか分かりやすいという事が言えますねw

・・・ということは、寒くなった時に痛み・違和感が出てくる部位は、暖かくなって痛みが治まったとしても、今後自分のカラダの中で痛みが発生していくことがある要注意な部分という事が言えるでしょう!!

...という事を踏まえて、寒くなってきた時に、いち早く気になる所を的確にケア、メンテナンスしていけば、これからの生活の中で今まで以上に健康で楽しく有意義に生活できると考えられます!!

そして、栄養の偏りによる食生活の見直す切欠にもなると思いますし、運動してみようかなぁ~!?という動機付けにもなると思われます!

寒いからカラダ痛み、違和感出るのしょうがない。ではなくて、折角自分のカラダの弱い部分がハッキリしちゃう時だからこそ、しっかりと対処したいものですね!

当治療院でもしっかりと対応させて頂きまっせ!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!



人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中