日本一の滝を観て身も心もスッキリ!!滝を観に行くことで得られる健康効果について!


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければ一日1票クリックお願いします。

当治療院のfacebookページです。ツボ情報、エクササイズ情報、治療院の日常など
お得情報・最新情報はここをクリック!

←こちらをクリック!

石川県金沢市で、ランニングなどスポーツのケガにも強くエクササイズやトレーニングもできる鍼灸マッサージ・美容の治療院のいんちょ~の薮本です。

寺社仏閣巡りが大好きな私でございますが、そんな四六時中、寺社仏閣のことばかり考えているわけでもありません(笑)自然を満喫するのも大好きですw
つい先日の事ですが、日本一の落差を誇るお隣は富山県の称名滝を観に行ってきました!

CIMG2166迫力満点!?w

車で1時間半、徒歩で15分くらいの場所で、着くまで結構しんどかったですが、称名滝の滝つぼを観ると、それはそれは壮大な景観に非常に有意義な一時でした。とても癒されました!何故か!?帰る時はご機嫌になっちゃいましたね。。何故だろう??

…ということで、滝の健康への影響をつらつらと出してみる。。

滝は何故!?マイナスイオンたっぷりなのか??

水が流れる時の加速度に応じてその電気移動をもつあらゆる帯電微粒子が発生してイオン形成される(エアロゾルの発生)。滝に流れる様な純度の高い水だと、そのイオン分子の核がない。(これは不純物が少ない!というのを想像して頂ければ…その水が分離しやすい環境)

そして、滝の水が流れる際にマイナスに帯電した表面で双極子を形成し、電荷が再分配され(←要はイオン分解してバラバラになりやすい状態)、所々に当たっては電荷が分離してマイナスイオンがあちこちにばら撒かれるという…。

ちなみに、イオン化されている分子の寿命は5~60秒とされています。また、プラスの電荷は帯電した水は地面に沈んでいくのに対し、マイナスの電荷が帯電した水は大気中でも漂流することができる。そんなに離れた所までは行けないけどw

以上の事から、滝の近くの大気中にはマイナスイオンがとてつもなく多いという現実w
(他の場所の大気中より10,000イオン/立方cm多くマイナスイオンが発生しているという実験結果があります!)

滝で発生するエアロゾルの人体への生理作用

実験結果から次の事が言える…
・滝から見えるひらけた場所において副交感神経が優位となる
(冷静になる!、リラクゼーション効果…etc)
・心拍数が遅くなる(落ち着く)、呼吸が深く入りやすくなる、血中O2濃度がUPして酸素の輸送がスムーズになる、etc

(小児)アレルギー性疾患(鼻炎)と喘息への影響

喘息とアレルギー性鼻炎は、世界中の最も一般的な慢性疾患の一つです。
近年の喘息やアレルギーの罹患率は西洋的なライフスタイルを適用して都市化されることによって増加傾向である。
※2013年6月の推計によると、2025年までには喘息を患う人が世界中で更に100万人増加するのでは!?と言われています。

喘息持ちのラットモデルにおける臨床研究では、滝の流水によって発生したマイナスイオンによって肺のアレルギー、喘息持ちに対して免疫をUPすることに成功している。

滝の近くに住む人と滝とは全然関係のない場所に住む人との比較研究(肺機能の呼気ガス、血液サンプルを比較)において、

・アレルギー性/抗アレルギー性生化学メッセンジャー
・抗炎症メッセンジャー
・抗アレルギー制御性T細胞の産生            の値が滝の近くに住む人に対して優位に増加した。

この結果は喘息発生における炎症、アレルギー反応を抑え、快方へ向かいやすくなるという事が言えます。

ちなみに滝の近くに住む必要はなくてw、少なくても毎日1時間2ヶ月の滝の見えるひらけた場所に継続で30%の肺機能の改善が見込まれるとされています!

ストレス解消とバーンアウト(燃え尽き症候群)を予防・防止

ストレスは大都市、プレッシャーの掛る仕事や多忙、雑多な現代のライフスタイルなどなど、私達の生活のどこにでもあるといっても過言ではないでしょう!
ストレスやバーンアウトはコルチゾールやアドレナリンなどのホルモンが異常分泌の方向に誘導されてしまいます。その状態が継続されると慢性ストレス症候群になってしまいます。
ストレスは全ての年齢層や性別など様々な状況の人々に影響を与えて、不安に対して高い感受性(常に不安がってしまう)になり、うつ病や心臓疾患、癌などの付随疾患を引き起こすことにもなりかねないので要注意!

コレラワクチンの副作用における抗体価におけるものと、心理的、生理学的ストレス変化を見る実験において、滝の近くに住む人と滝とは全然関係のない場所に住む人との比較では、コレラワクチンの抗体価が優位に高く、心理的、生理学的ストレスへの抗体値が優位に高くなったという結果が出ました。

コレラワクチン:(従来、 日本も含めて広く全菌体死菌注射ワクチンが使われてきたが、 最近では効果、 安全性の両面から使われなくなる傾向にある。海外でのこの種のワクチンの防御効果については30~50%程度で、 持続は3~6カ月程度とされている。副反応については局所反応以外に発熱、 倦怠、 頭痛などがほとんどの例にみられる)

以上の事は、視床下部や副腎、その他の内分泌系、免疫経路にマイナスイオンが作用することによでストレス向上!免疫機能向上!されることが実証されています!

肺や心臓の生理学・粘液腺毛のクリアランスの向上

滝(特に高い山の滝)から発生するマイナスイオンは大幅に臓器の粘液腺毛クリアランス(老廃物を除去する能力)、肺の呼吸循環システムを向上し、肺機能や心臓機能のスコアにプラスの改善持続に繋がる免疫力UPの方向に誘導された…という研究結果があります。

以上が代表的な滝を観に行くことによって得られる健康的な恩恵です!
この他にハイキングと滝を観に行くことを合わせるとこれらの効果に対して相乗効果があるそうです

ちなみになかなか行けないんだよ~!って方は、これで我慢して下せぇ~w

…ということで、天気の良い日には滝を観に行こうというお薦めブログでした!自然を満喫してのんびりと過ごすのもたまにはイイかもですね!時には普段の雑多を忘れて…。SEE YOU!!



人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中