ぎっくり腰の季節!?久しぶりのパーキンソン病の治療

人気ブログランキング、にほんブログ村、ブログ王に参加しています。宜しければ1票クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

4年に1度の2月29日!雨降りでスタートしましたが、日中は上々の快晴で風は冷たかったですけどね。お昼休みにちょこっと外出しましたが、出歩いている方がいつもよりかは心なしか!?多かったように思えます。春はもうすぐといった感じなのかなぁ~!??w

そんなこんなで、ちょこっと外出した時の青空Photo!

風が強かったせいなのか!?雲の形が流れるような感じなりけりw

今日は治療バタバタDAY!wマッサージは少なめです。
最近私的に、ぎっくり腰の多い季節になったかな!?という気がしています。毎年の事なのですが…。

ぎっくり腰とは…
病態的には特殊という事ではなく、ふつーの腰痛の病態です。ですが、物を持ち上げるとか、不自然な体勢をとるとか、そんなこんなで突然やってくる腰痛の事を言います。症状的には急性ですので、発症した瞬間に身動きが取れなくなってしまったり(そうでなくても痛みで動きがぎこちなく…w)、熱感を持っている場合があります。別名「魔女の一撃」

ちょっと余談ですが、急性であろうと慢性であろうと腰痛の類は1~2ヶ月休んでいると痛み自体は消えます。ですが、その様な放置プレイな治し方ですと、腫物に触ってなかっただけで、非常に再発しやすいままの状態は続いているわけです。ですから、腰痛を患っていて放置プレイで痛みだけがなくなった方は再発防止の為に一度カラダの状態を診てもらう事をお勧めします。

話は本題に戻りますが、「何故!?ぎっくり腰が発症しやすいのか?」“冷え”、“疲れからくるもの”などなど色々な説があるのですが、当治療院的な感じだと、あくまで推測の域は出ないのですが、「暖かくなるとカラダが勘違いしていつもより負荷の掛かる動きを気付かずにやってしまう!」という感じですね。

寒い時って、多分カラダをあまり大きく動かさないですよね!?ですので、意外と冬はぎっくり腰は発症しないのですが、冬→春→夏に向かって暖かく→暑くと気温も上昇していきます。その時に季節の変わり目って気温はまだ上がりきってないのに、日差しが出てたりしてカラダが「暖かいからカラダが動かし易い」と錯覚を起こしているような気がしています。この時期はぎっくり腰でご来院される方が多いのですが、話を聞くと「○○出来そうだったからやってみてギクッと来た!」と言われる方が多い印象を受けます。たまたまなのかな!?w

さて、治療ですが、先ずは腫れを取り除いて骨盤、腰椎の各関節の動きを出していきます。筋肉も固まってしまっている場合が多いですので、緩めちゃいます。

こんな感じのエクササイズを入れちゃいますwちなみにまだまだ骨盤、腰椎の関節の動きが出てない状態です

その後に、ヨガのエッセンスを取り入れたエクササイズで腰椎、骨盤などの関節の動きを再学習してもらいます。意外と寝たきりの状態で痛みがなくなったとしても、動いてみるとまだ痛みが残っていたりするものなので、こういったエクササイズでカラダの動きの再学習ですね。

おおよそが骨盤の関節と骨盤-腰椎の関節が動きが鈍いときにぎっくり腰が起こりやすい傾向にあるようです。硬さだけを取り除いても意外と動きは出てないことが多いかな!?w今回は、歩くのがやっと!?ぎこちない状態から痛みがなくなりましたよw

後、久しぶりにパーキンソン病の患者さんの治療を行いました。久しぶりにと言っても、以前と同じ方ではないですw皆さん、パーキンソン病をご存知でしょうか??

パーキンソン病とは…
脳の神経細胞の一部が変性し、体が思うように動かなくなっていく進行性の病気です。発病は40~50歳代の初老期以降に多く、女子よりも男子に多い。西洋医学ではドパーミンを使って症状をある程度改善できるが、ドーパミンが段々効かなくなっていくため進行を止めることは現在の所難しいとされています。症状としては、寡動・無動(動きが鈍くなる、仮面様顔貌、小字症)、振戦(手足のふるえ)、筋固縮(筋肉のこわばり)、姿勢反射障害(姿勢の異常や突進歩行)、など。また、便秘などの自律神経症状もきたします

今回は、心臓系疾患も併発してました。またご来院時は振戦(手足のふるえ)、筋固縮(筋肉のこわばり)が酷く、手を貸さないと歩けない状態。。

先ずは問診を行って脈診、顔診、舌診をして治療方針を決めて、その後に鍼と灸で施術し再度脈診、脈がある程度安定した所で筋緊張を取り除き、頭蓋骨調整と背骨のバランス調整をして再再度脈診。かなり脈が安定した所で本日の治療は終了。施術が終わった後、振戦、筋固縮が治まり、「走って帰れそうやわぁ~!!w」とスタスタ歩き始めるのを恐る恐る見守りながらw、処方されている投薬のチェックをして治療説明、今後の治療計画を話し合って終了。。

動機と振戦(手足のふるえ)、筋固縮(筋肉のこわばり)、それに伴うカラダの痛みが取れてめっちゃ走り回ろうとしているのを制止しつつ(笑)クシャクシャな感じの満面の笑顔になって頂けたので、その様子を見るとこちらまで笑顔になっちゃいましたよ。ちょっとでも楽になれるように頑張っちゃいますよー!精進あるのみですね!

ちなみに、今回の笑顔は笑いを取りにいってませんからねぇ~(笑)

人気ブログランキング、にほんブログ村、ブログ王に参加しています。宜しければ1票クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

どんな症状でも休めば元に戻ると思ってませんか?
慢性状態が長く続くと非常に危険です!
根本的な症状が治るチャンスを逃さないで下さい!

出来るだけ早く正常な状態に戻すことをオススメ致します!

これからも、ご来院頂く皆さんが
心も身体も笑顔で健康になって頂けるように頑張りますよー!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中