なんちゃって国際化!?意外と気付いてないかも!?足裏の重要性!

今日は最近の中では比較的暖かい一日となりました。その代わり雨が「これでもかっ!!」っていう位に降りまくってましたけどね。最早、治療院に軟禁状態でございますwあ、仕事でしたね。すみませんwwというわけで(どういうわけ!?)、いつぞゃの夕焼け。。

このいつぞゃの夕焼けはIGでは結構人気がありましたよー!

最近、IGで写真をUPすると、外人の方からよくコメントが入るようになりました。英語なら何とか辞書繰ってコメント返しをするのですが、それ以外の国の言葉ですと最早チンプンカンプンでございますwwでも、やはりIG仲間の方で非常に魅力的な写真をUPしている人は、国内外問わず沢山のコメントのやりとりが行われてます。まるでバイリンガルみたいですね。そのコメントのやりとりに参加させて頂いてはいるのですが、ただただ圧倒させられっ放しです。英語…勉強しなおそうかなぁ~ww

本日、施術中に気が付いた…というか、改めて重要性を再認識させられたというか、、、足裏の機能のことです。足ツボもありますね。

左が足裏のアーチ構造の図、右は足ツボMAP

最近、シューズや靴の機能的な履き方のことを行っていましたので、シューズの一番フィットする所が足裏…いわゆる足底という部分を細かくマニアック目線で見るようにいつの間にかなってました(笑)足底は立位の時は大概地面との唯一の接点ですので非常に重要です。

そんなこんなで、施術中にも足底は触れることがあるのですが、スポーツを行っている人の視点で考えると、やはり足底の3種類のアーチの機能が確りとしている方のほうがパフォーマンス的にも効率よくしっかりと発揮しているような感じですね。

一般の方への視点で考えると、3種類のアーチの機能が確りとしていらっしゃる方のほうが自分のカラダのことに対して反応が早いというか、気付きが早い感じがしちゃってます。簡単に置き換えるなら、カラダのケガや疾病といった異常に対しての反応が早いといった感じですね。

先日のブログにも書きましたが、近年、靴の高機能化機能性のあるソックスを履いたりインソールを入れること等による足の過保護が原因となって、本来持っている足の機能が低下している人が多いのです。
本来持っている足の機能が低下→「土踏まず」が成長しない=「偏平足」が助長されるといった具合ですね。
便利な世の中にはなりましたけれども、使われるだけだと機能低下が著しいですね。ちょっと心配な今日この頃です。

あ、ちなみに足裏の機能が充実してないと足ツボの効果も半減どころではすみませんよ!w
私の考えでは、足部はカラダの状態をいち早く知らせるセンサーみたいなものと思っております。でも、そのセンサーの感度が鈍いと、もしカラダの異常があったとしても気付きが遅くなるので、何だかやるせないですよね。そんなことで損するのは嫌だという方は足部のケアはちょっとずつで良いのでやっていきましょう!冷え性対策にも良いかもですね。

どんな症状でも休めば元に戻ると思ってませんか?
慢性状態が長く続くと非常に危険です!
根本的な症状が治るチャンスを逃さないで下さい!

出来るだけ早く正常な状態に戻すことをオススメ致します!

これからも、ご来院頂く皆さんが
心も身体も笑顔で健康になって頂けるように頑張りますよー!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中