試合結果を出すにはメンテナンスが大事!意外と厄介!?耳鳴り退治!

今朝は寒波も弱まり雪もかなりの勢いで溶け始めてますね。不安定ながらも青空もチラチラと見え隠れする日中ですね。外へ散歩に出掛けたい衝動を抑えに抑えつつお仕事お仕事。。

春の足音が聞こえてきてはいるものの、風邪、インフルエンザの猛威はとどまる事がないようで…薬を飲むだけではなくしっかりと保温、うがい手洗いを行ってしっかりと防ぎましょう!!

これは、早朝に撮った「いつぞゃの空」ですw自分的には「う~ん」ってな感じですw

今日は先日神戸で行われた日本陸上競技選手権20キロ競歩大会に出場した選手がコンディショニング&治療を受けに来てくれました。さすが、日本選手権の後だけにカラダの消耗は激しいですよね。何たって日本一を決める大会ですのでそれはそれは過酷です。定期的なカラダのメンテナンスは行ってはいるものの勝負の世界ですので、試合中は余裕なんてない状況でギリギリの世界で戦っている為、今までにない動きやスピードが出たりとそのカラダにかかる負担はとてつもなく大きいです。こういう時に流石だなぁ~と思っちゃいますね。
こういうここ一番の時にこそ、カラダのメンテナンスの重要性があると思います。自分のカラダの状態を知る事はとても大事です。カラダ状態を知ることが今後の練習の負担の掛け方などを決める重要な要因となります。一般の人でも、定期的にコンディショニングしている人は本番でもコンスタントにしっかりと力を発揮できてますね。。

競歩ってマラソンや駅伝に比べてTV中継や新聞などで取り上げられる機会は少ないのですが、今やマラソンよりも期待度は高い種目となっています。
今年は4年に一度のオリンピックイヤーなのですが、オリンピックの時の代表決めは世界陸上の時と違っているのですよね。。ま、色々とありますよw世界陸上の時よりは厳しい枠争いになる事だけは確かなのですけどね。競歩の場合20kmは今回の日本選手権の結果と昨年の世界陸上、来月能美市で行われる全日本競歩能美大会、50kmは4月の日本選手権と昨年の世界陸上が選考大会なのですが、各それぞれの種目の他にも色々と思惑があるので正直言って複雑ですw

色々な選手を見て来ているので皆さんにオリンピックに出場して欲しいのですが、そういう事は先ず難しい…複雑な心境です。。何となくですが、色んな事もチラホラ聞いてるので…。最終選考大会が終わるまではどんなことが起こるのか分かりませんが選手には頑張ってもらいたいですね。

昨年の国際競歩グランプリ セストサンジョバンニ大会にトレーナー帯同した時に撮影(給水しながらw)

本日ご来院して頂いた方が前回の治療で耳鳴りして周りの音が聞こえにくくなっていたらしいのですが、ここで治療してもらってから、次の日には治ったよー!という嬉しいお言葉を頂きました。従来は腰痛の治療でご来院して頂いているのですが、前回ご来院の際に「最近耳鳴りがしてこまってるんだよね」という相談を受けました。
詳しく聞いてみると1週間前から耳鳴りがして周囲の音が聞こえにくくなっていました。

耳鳴りは…
健康な人でも何らかの音が聞こえてくるし、敏感な人になると周囲が寝静まったあとに感じることもあります。耳鳴りの音は、人さまざまで、「ジンジン」「ジージー」と表現する人もいれば、「カンカン」「ガンガン」「キーン」「ゴロゴロ」という人もいます。
耳は脳の血管に近いため、その異常を比較的早く察知します。例えば高血圧症・糖尿病・動脈硬化などの可能性も考えられます。そのほかにも、更年期障害・メニエル症候群・貧血症・偏頭痛などでも耳鳴りを感じます。「年だから」と放置せず、耳鳴りを感じた場合はきちんと医療機関に受けられる事をお勧めします。

耳鳴りの原因としては、生理的に起こる耳鳴り、ストレスで起こる耳鳴り、先に挙げた病気が原因の耳鳴りなど、他にも耳管の周囲にある筋肉が原因だという説や、外有毛細胞という細胞の障害が原因だという説など、様々な説があります。

参考に…耳鳴りには下記種類があります。
1)血管拍動性耳鳴・・・ 動脈周囲静脈叢のクッション効果変化により中耳腔底を走る動脈の拍動を聞く。
2)筋痙攣性耳鳴・・・ 軟口蓋、耳管、耳内の筋の痙攣音を聞く。
3)中耳炎による耳鳴・・・ 中耳伝音系の変化、鼓室神経叢刺激、内耳圧亢進により生じる。
4)内耳性耳鳴・・・ 内リンパ液の変化、蓋膜の有毛細胞圧触、迷路内圧亢進、血管条の血管音、感覚細胞異常などで生じる。
5)聴覚神経による耳鳴・・・ 神経の炎症、変性による。
6)機能的耳鳴・・・ 音刺激に対する過度の注意集中。

今回は、色々と問診、触診、検査をしてから自律神経系を整えて、その後に頭蓋骨調整を行いました。後、耳周囲の経穴に点穴していきました。施術が終わった直後では症状は完璧には治まらなかったのですが、頭蓋骨のバランスと自律神経のバランスを整える事によって眠気がきた感じでしたね。そしてその後1、2日経過後に耳鳴りが治まったそうです。ご本人曰く、あの後すぐに治まったわぁ~!って笑顔で言ってらっしゃいました。ちゃんと腰痛の治療も行いましたからねぇ~ww

痛みや疲れなどの不調から解放されて笑顔が出てくる事は良い事ですね。笑顔を見ていると幸せな気持ちになりますね。これからも頑張ろう!!

どんな症状でも休めば元に戻ると思ってませんか?
慢性状態が長く続くと非常に危険です!
根本的な症状が治るチャンスを逃さないで下さい!

出来るだけ早く正常な状態に戻すことをオススメ致します!

これからも、ご来院頂く皆さんが
心も身体も笑顔で健康になって頂けるように頑張りますよー!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中