色々考えさせられることもあるスポーツ談義!

そこまで寒くはないのですが、すっきりしない天気が続いております。風邪、インフルエンザが流行ってきています。聞いた話だと学級閉鎖になっている所もチラホラ。。先ずは自分でできること!保温、うがい手洗いをしっかりして予防しましょう!

今日は「今から30km走ってくる」という人と「30km走ってきた」という人の治療とコンディショニングを行いました。よくよく聞いてみると一緒に実施していたそうな…世の中広いのか狭いのか?w

やはりトレーニングしている方達だけあって、今日はシューズの話、ウエアの話、トレーニングの話、、、などなどの話が出ること出ること。。。それらの話の内容からも気付かされることもあり、有意義な座談会みたいになってましたよw(ちゃんと治療はしてまっせ!w)

治療&コンディション後の動きの確認です!動画と解説はフェイスブックページへw

その中で出た一つとして、「最近のスポーツは道具に助けられている反面、道具に依存し過ぎている」ということ。。確かにこの話は共感する部分があります。
「○○できないからテーピングをする、機能性のあるソックスを履く、サポーターを巻く、インソールを入れる、…」ということを最近よく耳にします。確かに研究されてきてきたものは素晴らしいのですが、(最初から)できないから道具を使う…という考えが良く分かりません。というか、先ずは自分のマイナスポイントを少しでも改善するように動いたのかなぁ~!?なんて思ってしまいますね。

仕事柄、ICHIRO選手やら北島康介選手、その他オリンピック選手、世界選手権などに出場した選手、海外の選手などなどスポーツ関係のお話を聞く機会があるのですが、それらの選手は先ずは自分で努力してみたうえでその不足の部分を道具なり医科学的なもので埋め合わせようとしている感じですね。そう言うと「自分は一流選手とは違うから…」なんて声が聞こえそうですが...、部活動をしている学生さんも市民ランナーさんも、クラブチームでプレーしている方も、マスターズに出られている方も一緒だと思います。

勝負は道具で決まるのではないのです。自分自身がプレーして決まるものなのです!
道具にばかりに頼ってしまうと、カラダの持つ本来の機能が上達しにくい感じがしています。道具に操られて行うスポーツより道具を操るスポーツの方が断然有意義に決まってますしね。

カラダの感覚・機能をフルに使ってスポーツをエンジョイしちゃいましょう!きっと色々な発見がありますよ!

どんな症状でも休めば元に戻ると思ってませんか?
根本的な症状が治るチャンスを逃さないで下さい!

出来るだけ早く正常な状態に戻すことをオススメ致します!

これからも、ご来院頂く皆さんが
心も身体も笑顔で健康になって頂けるように頑張りますよー!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中