その速さにビックリ!オリンピックイヤーに思うこと。。

2012年の箱根駅伝が選手全員の熱戦(走)をもって終わりましたね。
選手の皆さん、大会役員などなど関係者の皆様お疲れ様でした。

リザルトだけを見れば東洋大学の圧勝でしたが、その他の大学も色んな箇所で見せ場があった大会でしたね。特に順天堂大学は下馬評でも殆ど0に近い可能性だったにも関わらず(予選会でもインカレポイントを使ってのギリギリ)予想を覆すシード権獲得は感動しました。

可能性は低くても、やってみなければ分からない!!

という事を身をもって実証してくれたことに深く感激ですね。自分も頑張ろう!

走り的には、やはり学生っぽさが出ていた感じですかね。(学生の大会だから当然か 笑)
やっぱり昨日のブログにも書いた「膝の動き」が気になりますね。今日確認して再認識しました。
うちの治療院で行なっているアスリート系のヨガセッションや学生にトレーニング指導している時にも感じることがあるのですが、膝まわりの筋肉の動かし方がそんなに上手くない(他にもありますが)…にも拘らず、ある程度のパフォーマンスは出せてしまうといった現状があります。これも科学的に発展してきたからかなぁ!?と思われます。科学的なものも取り入れ方次第では良い面も弊害的な面も出ちゃいますね。上手く取り入れていきたいものです。

今日も天気が良かったですねぇ〜。こういう天気が良いと懲りずにというか一心不乱に、また保温もせずに外に写真を撮りに行きましたよ。近場ですけどね。

一応、携帯で撮影したんですけどいかがでしょうか??(笑)
最近IGでのやりとりが多くなってきて、写真撮るにもちょっとこだわってみたり…。
自己満の域は出ていません(笑)

さてさて、うちの治療院に施術を受けに来てくれている昨年のテグ世界選手権50km競歩9位の谷井孝行選手がご来院して下さいました。(リンクをクリックすると選手名鑑にいきますよ!)

一緒に写真撮ってくれました。もちろん左が谷井選手です(笑)
そう言えばこのシュチュエーションは2009年ベルリン世界陸上女子20km競歩7位入賞の渕瀬真寿美選手と撮った時と同じ(笑)→その時のブログはこちら

谷井選手は、世界ユース(16歳未満)選手権大会、世界ジュニア(20歳未満)選手権大会、ユニバーシアード(大学生の世界大会)、世界選手権、オリンピック(アテネ、北京)と各世代で日本のトップ選手として活躍してきました。※これは日本人選手の中でも数えるくらいしかいません。
もちろん今年行われるロンドンオリンピックの候補選手でもあります。
当治療院には北京オリンピック前の年(開院してから10ヶ月位)からご来院頂いております。

谷井選手は元旦に滑川で行われたロードレース(4kmくらい!?)に飛び入り参加してきたそうな…記録は15分台(もちろん競歩でw)でしたそうな…w

今、私が走りで谷井選手が競歩で勝負すると確実に惨めな結果に終わりそうなので「勝負しよう!」なんて口が裂けても言えません(笑)

当治療院には世界で戦う選手達が何人かご来院頂いてますが、今年の最大目標はやはりオリンピックでしょう!出場、、、さらに最高の成績が残せるように当治療院も頑張ってサポートさせて頂きます。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中