アナタは正しい姿勢ですか!?

■壁を利用した正しいポジションチェック

・背中を壁に当てて立ちます。

・後頭部、肩甲骨、仙骨(お尻)、踵が壁につく状態であり、腰の後ろに手が入るくらいがちょうど良いかと・・・。

 

腰の後ろの隙間に拳が楽に入ってしまうのは「出っ尻の状態」で腰椎が湾曲し過ぎています。。

逆に、手が入らないようですと、「猫背の状態」で腰椎の湾曲が少な過ぎることを表しています。。

 

 立つ時の正しい姿勢・姿勢矯正の為のチェックポイント

・体が反り過ぎていませんか??

・猫背になっていませんか??

・顎を引き過ぎていませんか??

・胸を張り過ぎていませんか??

・がに股で立っていませんか??

・片方の足だけに重心がかかっていませんか??

 当てはまる数が多いほど姿勢は乱れていますよ!!要注意です!!

※分からない時はご連絡頂けると幸いです。。

お役立てできれば幸いです。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中