入浴のススメ

普段、何気に行っている入浴という行為。。。せっかくだからちょっとした知識を取り入れて入浴で健康になりましょう。。

入浴の効果には以下のようなものがあります。。

①温熱効果・・・入浴による温熱で血行が良くなります。。また、お湯の温度で効果が違いますよぉ!!

42℃以上は交感神経の働きが活発になって心身を 活動的にしてくれます。

39℃以下は副交感神経の働きが活発になって心身 を落ち着かせてくれます。

一般的に、これから何か活動しよう!という場合にはちょっと熱めで、ゆっくりと休もうかなぁ~!という場合にはちょっと温めのお湯に浸かることをオ ススメします。

②浮力効果・・・湯船に浸かっている時、体の重さは約1/9くらいになります。浮力で軽くなった体は筋肉や関節 周りの靭帯などを弛めてリラックスさせてくれ、体が動かしやすくなります。病院のリハビリでもこの方法を利用されている所もあるくらいです。。

③水圧効果・・・湯船の水圧によって血液循環を促進してくれます。また、利尿作用といって体内にある老廃物など いらなくなったものを尿として排出する作用を促してくれます。。

④保湿効果・・・人間は2/3が水分でできています。この冬場みたいに乾燥してしまうと、体内の水分量が不足し て健康的に良くないです。入浴すると、皮膚の乾燥するのを防ぐとともに、皮膚の状態を良いものにしてくれます。

⑤免疫機能向上・・・白血球の働きをUPしてくれて、免疫機能を向上します。

※体温が低い方へ・・・

低体温の方は、入浴は非常に体力を奪われがちです。理想としては体温+4~5℃くらいのお湯に浸かることをオススメします。

※冷え性の方へ・・・

冷え性の方は、いきなり高温は避けたほうが良いかも!?温目の温度(40℃前後)から徐々に熱くしていくことをオススメします。ちょっと長めの入浴 が良いですね。

☆入浴の長さは個人差があります。のぼせ等に気をつけて入浴しましょう。

☆具合の悪い時の入浴はオススメしません。

☆発汗した後は、しっかりと水分補給しましょう!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中