水を侮ることなかれ!!

「水を知ろう!!!」

今回は水のことを語っちゃおう!!という感じですね。。体の約2/3は水分で出来ています。。最近ではスーパーやコンビニで当たり前のように水が売っている世の中になりましたよね!!?水についてもっと知って頂いて、大いに活用して頂ければ幸いです。

~水は奥深い~

昨今、水は、自然、健康という概念で世界中に愛飲者が存在しています。
日本国内でも水道管の錆や、都心部の水道水の塩素の臭いや人体に有害なトリハロメタンの危険性など、水質に問題があると感じてミネラルウォーターを購入する消費者も増えています。

皆さんは、水の種類について考えてみたことはございませんか

水は硬度別に分類してみると、軟水、中硬水、硬水と言うふうに分けることが出来ます。。一般的に、硬度の高い水はマグネシウムやカルシウムが多く含んでいます。。

ヨーロッパ諸国の水は硬水が多い、日本の水は軟水が多いことが一般的です。。

軟水は赤ちゃんのミルク作り、お茶やだし汁に多く使われます。。

硬水はミネラル分が多く、灰汁の出る料理に適していると言われています。。

また、硬水は新陳代謝をあげる作用があり、ダイエットには適していると言えるでしょう!!

さらに、肩こりや眼精疲労にも硬水は効果的です。。

しかし、ミネラル分が豊富な為、飲み口が硬く味が苦く感じられるので嫌がる人も多いはず!!?冷蔵庫などで冷やすことにより飲みやすくなりますよ!!

また、胃腸の弱い人は硬水を飲むと下痢になることがあるので注意してくださいね。。

水の種類(硬度別)

・軟水(~100mg/L未満)・・・ボルビック、アルカリイオン水、日本の銘柄


・中硬水(100mg~300mg/L)・・・エビアン


・硬水(300mg/L以上)・・・ヴィッテル、コントレックス

※いまいち分からない。もっとお知りになりたい方はご連絡下さい!!

~寒いときにこそ、水を飲む習慣を作ろう!~

よく、「喉が渇いたときには脱水症状が始まっている」ってこと聞いたことないでしょうか??その通りなんです!!喉が渇いたときにはかなりの水分量が体の中からなくなっているのです。。

日本人は特に一昔前に当たり前とされていた根性論が少なからず体系として身についています。。欧米諸国と比較しても、水分摂取量が少ないというデータが出ています。。

このことから、日本人はより意識をして水分摂取に取り組んだ方が良いのです。。

しかも、この冬の寒い時期は喉の渇きが感じ難く、乾燥しやすい為いつの間にか水分不足に陥ってしまいがちです。。なぜ?水分補給が大事なんだろう??

・水分補給が十分になされていないと、体の機能が低下してしまいます。。

デスクワークや激しい頭脳労働をしている方などは、水分不足で効率が落ちてしまいます。。

・水分不足ということは、ドロドロ血液を引き起こしてしまいます。。

血液がドロドロになってしまうと、意識が朦朧としたり、循環不全や腎不全などの病気に罹りやすくなってしまいます。。

・朝コップ一杯の水分を摂ることで、胃や腸などを刺激して便秘改善などに役立ちます。。また、シミ、シワを抑える作用があります。。

・その他

主だったこととしては、以上です。。

これを機に水分補給を見直してみてはいかがでしょうか??

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中