呼吸にもっと意識を・・・

今回は呼吸のあれこれを綴っていきます。。

「Lesson1呼吸が浅くなっていないか?チェック!!」

外気温の寒さが厳しくなってくると、どうしても体が縮こまっちゃって窮屈になりがちです。

そうなってくると、どうしても呼吸が浅くなってしまい体内の酸素供給量が減ってしまいがちです。体にとっては、それはそれは悪いこと。。。何とかして正さなきゃいけませんよね!?

でも、呼吸が浅いかどうか?なんてどうやって確認しましょうかねぇ??

良い方法があるんです。。そんな方に、コレがオススメ!!

両手の各指の先っちょ部分を合わせて呼吸をするだけ。。

なぜなんだろう??

呼吸が浅いと各指がこの形から、あまり動こうとしません。。

逆に、呼吸がしっかり深い(横隔膜呼吸or腹式呼吸)と、指から掌の方にかけて、しなって引っ付こうとしちゃいます。。

これは呼吸がしっかりと体の隅々まで行届かせようとしている表れなんですねぇ!!

人体って不思議ですよねぇ~!!今一度確認してみてはいかがかな??

※もっとお知りになりたい方はご連絡下さい!!

「Lesson2呼吸を深くして、心身ともにリラ~ックス!!」

呼吸が浅くなっていないか?のチェックを行いましたが、どうでしたか?

結構、呼吸って意識せずに出来ちゃうから、浅くなっていることに気付いていなかったりするんです。。

今回は、呼吸がしやすくなるように、呼吸補助筋を上手にしっかりと使っていただけるようにしていきましょう!!良い方法があるんです。。

そんな方に、コレがオススメ!!


①②両手をからだの後ろ側で組みます。できれば両掌がピッタリとくっつくことが理想的ですね。。

そして、胸を張ってゆっく~りと呼吸をいれていきます。

呼吸の回数を重ねていくと、縮んでいたからだの前側が少しずつ開いていくと思います。10回くらい行ってから手を元通りに戻すと、呼吸がいつもよりし易くなっていませんか??

人体って不思議ですよねぇ~!!

※もっとお知りになりたい方はご連絡下さい!!

※手組めない人は、無理して組まないようにしてください。ケガの元です。

※大体、深呼吸は10回くらいが目安ですが、個人差によって多少前後します

「Lesson3呼吸をしっかりとって、体をリラックスしませう!?」

次に、寒い時には体が縮こまる→呼吸が浅くなるということで、今回は呼吸の限界に挑戦!?といっても普段皆さんは呼吸が浅すぎて、意外としっかりとできていないモノです。こういう時って、どうしてもに体の感覚が鈍ってしまいがちです。。

しっかりと深い呼吸を身につけて、心身ともに健康維持増進に努めましょう!!

そんな方に、コレがオススメ!!

←モデルは学生さん!!

手をだら~んと下におろした状態でゆっくり大きく息を吸い込みます。。

次に、息を吐き出しながら手をバンザイするように上げていきます。。

そうして、息を吐き出しきった後に更に頑張って息を吐いてみましょう!!意外と吐けるものです。。それをバンザイしてから10秒~30秒くらいを目安に行います。。ポイントは、人間って呼吸をしっかりと吐けるようになると手の指がしなるように反る感じになるんですけどね。。

そして、手を下におろすと呼吸がしやすくなっていませんか??

人体って本当に不思議ですよね。。

※方法がいまいち分からない。もっとお知りになりたい方はご連絡下さい!!

※息を吐く際には無理をし過ぎないようにしましょう!!ケガの元です。

※大体、呼吸は10秒~30秒くらいが目安ですが、個人差によって多少前後します

呼吸を深くしっかりと行えると、集中力も出ますし、冷え性の改善、予防にも繋がります。。これを機会に呼吸を見直してみるのも良いのかもしれませんね!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中